バナー

審美歯科で綺麗な歯にする

審美歯科は虫歯や歯周病の治療をして歯の機能を回復していく他に、歯並びや色に関するケアもあり歯の美しさをトータルで考えていく治療です。
日本では虫歯などの治療に主眼が置かれている傾向がありますが、アメリカのように子供の頃に歯列矯正を行うことが一般的になっている国もあります。

発言小町といえばこちらです。

これは予防という観点でも大切なことです。

歯並びは悪いままだと歯磨きをしても磨き残しが出てしまったりするのでその磨けない部分が虫歯になってしまいます。



矯正をすることで全ての歯にきちんと歯ブラシを当てることが出来るので、虫歯になる可能性が低くなります。また歯並びは骨格に影響を与えるので、言葉の発音がしにくくなったり顔の輪郭が変わってしまったりします。

色も大変大切なポイントです。

人間の第一印象は目や口元と言われているほど最初に目につくポイントです。

色の白さは清潔感に関わってくるので歯の治療の大切な部分になってきています。


審美歯科で重要な部分を占める歯列矯正は時間のかかる治療になります。

それぞれの年代や歯の状況に合わせて治療方法を行っていくことになるので、きちんとしたカウンセリングを受けて審美歯科を行っていくことが必要です。

病院によってはその病院の症例をきちんと写真に掲載してある場合もあるので、そういったものを参考にしながら病院を選択していくことも出来ます。



虫歯の治療跡の銀歯も普通の歯にするような治療方法もあるので歯の美しさを追求したい場合は是非行いたいです。